メタボリックシンドロームの対策と予防のための情報満載サイト「アンチ・メタボリックシンドローム研究所」アンチ・メタボ・メニュー/朝食メニューの紹介

アンチ・メタボリックシンドローム研究所

メタボリックシンドローム予防の情報サイト アンチ・メタボリックシンドローム研究所サイトマップ

アンチ・メタボ・メニュー

朝食

フルーツバスケット アンチ・メタボリックシンドローム・ライフを送る上で、朝は大切な時間です。

前ページの「体のサイクルを考えよう!」からすると、朝食時はちょうど排泄の時間帯なので、本来は朝食をとらない方が良いのですが、どうしてもという方はフルーツを召し上がるようにして下さい。

スポンサードリンク


バナナやグレープフルーツ、リンゴなど、一人暮らしでも手軽ですし、栄養過多にはなりません。子供たちも大好きです。
また、果糖(果物の糖分)は、白砂糖と違い自然の糖分なので、おなかいっぱいフルーツを食べても害にはなりません。むしろ人体には必要かつ充分なエネルギーが詰まっています。

アンチ・メタボリックシンドローム研究所では、「たっぷりのフルーツと野菜中心メニューメタボリックシンドロームに打ち勝つぞ〜!」をスローガンに食事改善をすることをおすすめしています。

朝食メニュー
(ただ切る、むく、絞るだけの簡単メニュー)

例1
・絞りたてのグレープフルーツジュース(1個分)
・リンゴ1個
・バナナ1〜2本

例2
・絞りたてのオレンジジュース(2個分)
・リンゴ1個
・キウィのスライス(2個分)

例3
・ぶどう適量
・リンゴ1個
・アボガド1個

あまりにも簡単なメニューで拍子抜けしたかも知れませんが、これが体に良いんです。アンチ・メタボリックシンドローム・ライフの1日の始まりは「フルーツ!」これで決まりです。

りんご
一口メモ
朝食の例に3つともリンゴが入ってますが、アメリカに「アプラデイ(apple a day)」という健康法があります。
「1日1個のリンゴで病気知らず!」というわけです。
メタボリックシンドローム対策のサイト
メタボリックシンドロームの対策と予防のための情報満載サイト「アンチ・メタボリックシンドローム研究所」アンチ・メタボ・メニュー/朝食メニューの紹介
Copyright (C) 2008 Anti-Metabolic Syndrome Institude All Light Reserved.