メタボリックシンドロームの対策と予防のための情報満載サイト「アンチ・メタボリックシンドローム研究所」あなたのメタボリックシンドローム度チェック!肥満、その測り方(BMI)

アンチ・メタボリックシンドローム研究所

メタボリックシンドローム予防の情報サイト アンチ・メタボリックシンドローム研究所サイトマップ

あなたのメタボ度チェック

肥満、その測り方(BMI)

前のページでメタボのチェックをされたと思いますが、特定健診に行く前に簡単に自分が肥満か、肥満でないかをはかる指標があります。

スポンサードリンク


肥満の判定は、身長と体重から計算されるBMIという数値で行われています。 BMIとは、Body Mass Index(肥満指数)の略で、多分聞いたことがあるはずです。BMIはつぎの計算式で計算できます。

BMI=体重(kg)/身長(m)×身長(m)

日本肥満学会が決めた判定基準では、統計的にもっとも病気にかかりにくいBMI=22を標準とし、25以上を肥満として、肥満度を4つの段階に分けています。

  BMI
低体重(やせ) 18.5未満
普通体重 18.5以上 25未満
肥満(1度) 25以上 30未満
肥満(2度) 30以上 35未満
肥満(3度) 35以上 40未満
肥満(4度) 40以上

ヘソ周りチェック 計算してみて、如何ですか?
25以上の方、色々過去を振り返ってみて、生活習慣から改善しないといけないかも知れません。

肥満の度数が3度や4度で、数値が高ければ高いほど、メタボリックシンドロームの疑いが強まります。

あまり、肥満肥満とは言いたくありませんが、メタボリックシンドロームの根っこは肥満から来ますので、その前提を崩す努力をしていかなければなりません。

最近では、有酸素運動が良いということで、ビリーズブートキャンプやラテンダンス・ダイエットで人気を博しているコアリズムなど、楽しみながら汗を流すエクササイズが出てきています。

BMIで肥満の度数が25未満になるように、この際!頑張ってみましょう!

メタボリックシンドローム対策のサイト
メタボリックシンドロームの対策と予防のための情報満載サイト「アンチ・メタボリックシンドローム研究所」あなたのメタボリックシンドローム度チェック!肥満、その測り方(BMI)
Copyright (C) 2008 Anti-Metabolic Syndrome Institude All Light Reserved.